カラコンお悩み相談室。こんな時はどうしたらいいの?トラブル編

オシャレに欠かせないカラコン。
使用する人は増える一方ですが、それにまつわるトラブルが絶えないのも事実です。
日常のちょっとしたことでトラブルは防げるもの。
よく聞くお悩みの解決策をご紹介します。

カラコンを装着してすぐにゴロゴロした感じがあります。

装着してすぐなのに違和感がある時に考えられるのは

・コンタクトを装着する時に一緒にホコリやゴミが入っている
・コンタクトが破れている(傷がついている)
この2点が考えられます。

まず、ホコリやゴミが一緒に入ることは決して珍しいことではありません。
一度コンタクトを外して、コンタクト洗浄液で洗ってみてください。
ワンデーを使用されている場合は、ワンデーのケースの中の液にもう一度つけてみることで、ゴミなどが取れます。
キレイにして装着しなおして、違和感がなくなればOKです。
必ずキレイに洗った手で装着してください。

洗ったにも関わらず、まだ違和感があるという場合はコンタクトが傷ついていたり、ほんの少し破れていたりする可能性が高いです。
洗って繰り返し使用するタイプは洗う際に傷がついてしまうことがあります。
また、ワンデーでも、まれに初めからほんの少し破れているコンタクトが混ざっていることがあります。
ほんの少しの破れは肉眼で確認できないことも多く、気づくことが出来ない場合がほとんどです。
違和感があるものを無理してつけず、新しいコンタクトに変えるようにしましょうね。

最近カラコンをつけると目が赤くなり、痒いこともあります。どうしたらいいですか?

可能性として考えられるのは
・カラコンを長時間つけている
・カラコンと一緒に雑菌が目に入っている
このどちらかの可能性が高いです。

まず、カラコンの連続使用時間の目安は8~12時間です。
それ以上の時間つけていたり、つけたまま寝たりしていませんか?
次に、雑菌の可能性ですが、カラコンは1日使い捨てタイプと保管して繰り返し使えるタイプの2通りあります。
どちらの場合も、雑菌を入れないために手をキレイに洗ってから装着することが大切です。
また、ワンデータイプならその都度新しいキレイなコンタクトを使うことになるので雑菌の心配は少ないです。
しかし繰り返し使用するタイプの場合は外した時に洗浄しきれず、そのまま保管することで、雑菌が繁殖する可能性が高いです。

雑菌が繁殖しているコンタクトを目に入れることにより目が炎症を起こし、赤みや痒みが出る原因となります。
すぐに眼科を受診することをオススメします。
しかし、時間がとれないなど理由があって眼科へ行けない場合は、数日間カラコン使用を中止してみてください。
回復してまたカラコンをつける際は、繰り返し使用するタイプのコンタクトであれば一度捨てて、新しい物を使うようにしてください。
赤み、痒みがそれでも治らないようであれば早めに眼科を受診してくださいね。

カラコンがズレることが多く、困っています

ピッタリ装着したはずなのに、まばたきなどでズレてしまう。これは
・BC(ベースカーブ)が合っていない
可能性が高いです。
BCというのはコンタクトレンズのカーブのこと。
あなたの眼球の丸いカーブと、コンタクトの丸いカーブがきちんと合っていないと、カラコンがズレてしまう原因になります。
基本的にカラコンはソフトコンタクトレンズという柔らかいコンタクトで、多少のカーブの違いはその柔らかさで
カバーできるといわれています。
しかし、各カラコンによってBCは少しずつ違っていて、必ずどれでも使うことができるというものではないのです。
自分のBCは眼科で計ることができます。
眼科へ行き自分のBCを把握した上で、それに合ったカラコンを選ぶようにすると、ズレは軽減されます。

いかがでしたか?

カラコンを使う方からよく聞くお悩みを3つご紹介しました。
カラコンはとても繊細でデリケート。
使い方を誤るとトラブルになり、それが続くと視力低下や失明をまねくこともあるのです。
しかし、正しく使えば決して怖いものではありません!
安全にカラコンライフを楽しみましょう!
トラブルを避けるためにも、定期的に眼科を受診してくださいね。