目指すはハーフ顔!憧れの外国人風メイクも+カラコンで即キマる!

メディアで見ない日はないほど大人気のハーフタレント達を見て、あんな顔になりたい!と憧れている女子も多いのでは?
掘りの深いハッキリとした顔は女子の永遠の憧れです。
そんな憧れのハーフ顔も、実はカラコンとメイクであっという間に完成するんです!
ハーフ顔を作るカラコンセレクト&メイクのポイントをご紹介します。

ハーフ顔を作るカラコンセレクト

ハーフ顔に近づくために一番重要なのはカラコンセレクト。
ハーフ顔は全体的に色素が薄いのが特徴です。
カラーは『ヘーゼル(ベージュ系)』or『グレー』がオススメ。
トリンドル玲奈さんのような優しげなハーフ顔を目指すなら『ヘーゼル』、ローラさんのような強めなハーフ顔を目指すなら『グレー』をセレクトして♪
色味が複雑に重なっているものだと、わざとらしさなく肌に馴染むので初心者さんでも挑戦しやすいです。
また、フチはあってもなくてもOK。
こちらも、優しそうなイメージにしたい場合はフチなし又はフチをぼかしたもの、強そうなイメージにしたければフチありを選ぶと失敗しにくいです♪

ハーフ顔アイメイクのポイントは?

・トリンドル玲奈さんのような優しいハーフ顔アイメイク
カラコンカラーの『ヘーゼル』に合わせてアイメイクもナチュラルなブラウン系をチョイスします。
一番薄いベースカラーをアイホール全体に塗り、中間色をまぶた中間に、濃いブラウンは
アイラインをひく感覚でまぶたの際に塗ります。
キレイなグラデーションをつくることを意識してください。
色味は全体的に薄めで、艶のあるタイプがオススメです。
アイライン、マスカラもブラウンで統一します。
アイラインはしっかりまつげの際を埋めるように心がけてください。
また、少しタレ目に仕上げたいので、下まぶたの目じりから3分の1のところにもアイラインをひきます。
目の際に沿って書くのがポイントです。
カラコンの優しいイメージを活かすような優しいハーフ顔アイメイクの完成です。

・ローラさんのような強めなハーフ顔アイメイク
ゴールド系のアイシャドーをチョイスします。
こちらもベース、中間色は優しげな顔の時と同じように塗ります。
最後の濃いブラウンは少し切れ長な目を作ることを意識して、目じり側を濃く塗ります。
下まぶた全体にもブラウンアイシャドーを塗ります。
基本的には一番濃いブラウンを使ってほしいですが、アイシャドーのカラーによっては中間色にした方が自然な場合もありますので、お手持ちのシャドーと相談して塗ってみてくださいね。

アイライン+マスカラはブラックで統一します。
アイラインは、目じりを少し跳ね上げて。
マスカラは長さを意識して塗りましょう。
まつげをしっかりカールさせることで、よりハーフ顔に近づけます。
自まつげだけでは長さが出ない場合は、ロングタイプのつけまつげをつけると失敗なしでインパクトアイを作ることができますよ♪
カラコンカラーのグレーに負けない、でもヌーディ―なハーフ顔アイメイクの完成です♪

メイク全体のポイント

優しげなハーフ顔も、強めのハーフ顔も必ずほしいのは『透明感』。
ベースメイクでブルーの下地をチョイスすることで、色白で透明感のある肌を作ることができます。
また、仕上げはファンデーションを筆でつけるか、下地+自然な艶タイプのパウダーのみで仕上げると、
ふんわり優しい肌に仕上がります。
更に高いところにハイライト、顔周りや鼻の付け根にはしっかりめにシェーディングを入れることで自然に立体感を出すことができます。
また、眉毛も重要なポイントです。
カラーは薄めのブラウンをセレクト。
眉毛全体がなるべく目に近くなるよう、
普段書く時より少し下に書くことを意識して。
全体的にふんわり仕上がるよう、パウダー+眉マスカラがオススメです。

いかがでしたか?

ハーフ顔は、カラコンとメイクのバランスが大切なんです!
時に統一感を、時に負けない強さを調整しながら足し引きすることで、より憧れのハーフ顔に近づくことができますよ♪
早速明日からのメイクに取り入れてみてくださいね。