カラコンの不安をぶっとばせ!安心安全なカラコンの選び方

カラコンって憧れるけど、目の中に入れるのはちょっと怖い…
そんなあなたに“安心安全”なカラコンの選び方を伝授します!
これでもうカラコンも怖くない!

カラコンの製造には基準があります

カラーコンタクトは、『高度管理医療機器』に認定されているため、これを販売して出来るのは厚生労働省が承認し『高度管理医療機器承認番号』を取得した販売者のみとなっています。
これは国が決めたルールに則って製造されたコンタクトレンズです、という安心安全を示す番号となります。
インターネットでカラコンを購入する場合は、商品スペックの欄にこちらの『高度管理医療機器承認番号』が記載してあるかどうかを確認してください。
また、購入後はカラコンの外箱の裏で確認することができます。
ちなみに、この承認番号は日本国内の基準です。
海外で販売されているカラコンについては記載されていないので注意してくださいね。

ワンデーがオススメ!

カラコンをはじめコンタクトレンズには使用期間が決まっています。
1日用の『ワンデー』、2週間用の『2ウィーク』、1か月用の『マンスリー』、基本はこの3種類になります。
ワンデーとは、1日の始めにコンタクトを開封し装着したら、夜外す時には捨ててしまうもの。
2ウィーク、マンスリーはコンタクトを開封し装着後、外したらコンタクトケースに保管し、その期間使い続けることが出来るものになります。

ワンデー以外はコンタクトレンズを洗浄液でよく洗い、専用保管液をコンタクトケースに入れ、その中にコンタクトを入れて保管する形になります。
その『洗って保管』というのが、トラブルのポイントになってしまう場合があるのです。
洗ったつもりがきちんと洗えておらず、雑菌が残ったまま保管することでケースの中で雑菌が繁殖。
翌日雑菌だらけのコンタクトを目に入れることで目に雑菌が入り込み、炎症を起こすケースが非常に多いのです。
また、洗う時にコンタクトを擦りすぎて傷がついてしまうこともあります。
傷がついたコンタクトを装着することで目に傷がつき、失明の可能性もあるのです。
安心安全に使用するなら、ワンデーコンタクトをオススメします。
ワンデーなら、その都度新しいコンタクトを開封して使うため、雑菌の心配がなく、洗う手間も省けるのでより気軽に安心して使うことができるのです。

サンドイッチ製法って何?

カラコン販売サイトなどでよく見かける『サンドイッチ製法』というワード。
これは、薄いレンズ2枚の間にカラコンのカラーを挟み込んだ仕様になっていますよ、という意味です。
つまり『色素が直接目にあたることがありません』という安全製法なのです。
カラコンの色素が目にうつった、なんて話を聞いたことはありませんか?
これは、色素が直接目にあたることによって起きた現象なのです。
そういう不安も、サンドイッチ製法のカラコンであれば解消できますね。

また、最近では更に進化した『ラップイン製法』で作られたカラコンもあります。
これはサンドイッチ製法と同じように色素が目に直接つかないよう作られている上、より薄く軽い付け心地を実現した製法になります。

いかがでしたか?

安心安全なカラコン選びのためのチェックポイントを3つご紹介しました。
様々なカラーやデザインのものが販売されていて、すぐに購入したくなりますがちょっと待って。
上記3つのチェックポイントはショッピングサイトや、店頭販売でも商品説明欄に必ず書いてありますので、確認してから購入してくださいね!